• ホーム
  • どうしてもダイエットができないなら病院で処方してもらえる薬に頼りましょう

どうしてもダイエットができないなら病院で処方してもらえる薬に頼りましょう

体重計を持っている女性

一人でダイエットに励んでも上手くいかないという場合は、病院で薬を処方してもらうという方法もあります。肥満になる原因は人それぞれで、一般のダイエット方法で体重がすぐに落ちる人もいれば、病気が原因で体重が増加し、普通のダイエット方法では上手くいかないという場合があるからです。

病院で診察を受け、医師が薬による治療が必要と判断したら、抗肥満薬が処方されることがあります。抗肥満薬は、肥満を予防したり、肥満の症状を改善する働きがあります。病院で処方されるものはサノレックスで、厚生労働省より許可を受けています。日本では未認可ですが、アメリカで認可されているゼニカルも肥満の治療薬として海外でよく使われています。

サノレックスに含まれている有効成分・マジンドールは、摂食中枢に働きかけて食欲をおさえます。我慢することなく食事の量を減らすことが可能で、それにより摂取カロリーが少なくなって、食べすぎにもブレーキがかかりやすくなり、体重を減らすことにつながります。サノレックスの服用期間は、最長3ヶ月と決められているので、それ以上継続して飲み続けることはできません。

ダイエット中の辛いことに、食べたいものを我慢することが挙げられますが、サノレックスは食欲を抑えたい人に向いています。どうしても大量に食べてしまう、常に食べ物のことを考えてダイエットに集中できない、空腹時の我慢がものすごく辛いという人もサポートしてくれるでしょう。

サノレックスは病院での処方箋が必要です。用量や用法については、医師の指示を守るようにしてください。サノレックスは通常1日1錠、昼食前に服用します。症状によっては増量可能ですが、1日3錠が限度です。その場合も必ず食前に服用するようにします。サノレックスは飲み続けると効果が落ちるという特徴を持っていますので、一定期間服用したら休んで再開するか、食欲が抑えられないときだけ飲むというのが効果的な飲み方になります。アルコールとの併用は避けることが望ましいとされています。

サノレックスを服用すると、便秘や嘔吐、不眠などの副作用が現れることがあります。副作用の症状と感じられたら服用を止め、できるだけ早く医師に相談するようにしましょう。妊娠中や授乳中の女性は使用できません。抗うつや統合失調症など精神疾患や、心疾患、内臓に障害がある人などは、サノレックスが使えませんので、持病を持っていたり常用している薬がある場合は、その旨を医師に伝えることが賢明です。

関連記事
リピトールにはジェネリックが存在するため薬代を安くできる 2020年06月06日

リピトールは高脂血症治療薬として世界的に知られている薬で、脂質異常症など血液中の中性脂肪やコレステロールの低下に効果があるとされています。リピトールの有効成分はアトルバスタチンで、体内に入ると肝臓でのコレステロール合成を抑え、その結果悪玉コレステロールが減少します(逆に善玉コレステロール値は増加しま...

太っている方が脂質異常症を予防したいならダイエットをしよう 2020年05月18日

脂質異常症を予防するなら、肥満を解消するダイエットがおすすめです。脂質異常症でドロドロになった血液をサラサラな状態にすることを目的としたダイエットは、食生活の見直しから始めてみましょう。肥満を解消するダイエットと言っても単に体重を減らせば良いというわけではありません。脂質異常症を予防するためには、中...

生活習慣病の種類によっては太っていることが発症のリスクになる 2020年05月07日

肥満はさまざまな病気を引き起こす要因として知られています。肥満は体に脂肪がつきすぎた状態ですが、体内の脂肪は皮下脂肪・内臓脂肪・異所性脂肪と3つの種類に分けることができます。皮下脂肪は腹筋の外や太もも、下半身につきやすく、皮下脂肪肥満型の人の体型は下半身太りになるという特徴があります。内臓脂肪は腹筋...