メジャーと薬

脂質異常症は高脂血症のことで、トリグリセライドと呼ばれる中性脂肪や、コレステロールが血液中に増えすぎる状態のことを言います。血液の状態をドロドロ・サラサラと表現されることがありますが、脂質異常症になった血液は、ドロドロ状態という表現が当てはまるでしょう。

中性脂肪やコレステロールが血液中に増えすぎると動脈硬化を起こすリスクが高まります。動脈硬化は脳卒中や心筋梗塞といった病気につながる要因とも言われていますので、脂質異常症にならないための予防が望まれます。特に高血圧の人は、脂質異常症を引き起こさないように注意が必要です。高血圧の人は常に血管に強い圧力がかかっていますが、中性脂肪やコレステロールが血液中に増えすぎると血管壁が傷つきやすくなり、動脈硬化が進行してしまう恐れがあるからです。

コレステロールは善玉と悪玉に分類されますが、脂質異常症で増えるのは悪玉コレステロールと呼ばれる低比重リポタンパク(LDL)です(血液中の善玉コレステロール値は異常に下がります)。

脂質異常症の原因はいくつかありますが、その多くは食生活が影響していると言われています。日頃からカロリーが高めの食事を好んで食べている人、肉類や乳製品など動物性脂肪の多い食品や魚卵やレバーなどコレステロールが多い食品を食べる傾向のある人は、血液中の悪玉コレステロール値が高くなる可能性があります。飲み過ぎや食べすぎが慢性化している人や、アルコールを飲みすぎている人も注意が必要です。善玉コレステロール値が低下する原因は、食事の内容の他に運動不足や喫煙の習慣、肥満などがあります。

脂質異常症のやっかいな点は、血液中の脂質濃度が高くなっても自覚症状がほとんどないという場合が多いことです。脂質濃度が異常に高くなった時に、皮膚や腱に脂肪がたまり、こぶのようなかたまりができますが(黄色腫)、初期に症状があるという人はほとんどいません。症状が進行すると、手足にチクチクとした痛みを感じたり、熱を持ったりする(灼熱感)、肝臓や膵臓が大きくなるなどの症状が出たり、時には呼吸困難や錯覚を引き起こしたりもします。脂質異常症は膵炎を引き起こすこともありますが、膵炎を発症すると激しい腹痛が出て、場合によっては死に至ります。

自覚症状があまり現れない脂質異常症を発見するには、定期的に健康診断を受けることが必要です。もし健康診断の結果で脂質異常症の疑いがあると指摘されたら、放置せずに早めに医師の診察を受けることをおすすめします。